父の日プレゼントなら極上の財布メンズが感動を呼び起こす

父の日のプレゼントもう決まりましたか?

毎年 毎年なので、そろそろネタ切れ?

もし今年の父の日プレゼントアイテムが決まっていないなら、

財布メンズを強くおすすめです。

 

 

名入れにしてみると、良いかもしれませんよ! 

世界にひとつだけのものになるし、気持ちもそれだけ、

こめることができます。

 

 

上質な革小物を製造するメーカーのものを選べば、

なお良いです! 

 

 

 

たとえば、イギリスのブリティッシュグリーンの

ブライドルレザーの二つ折り財布に、

大好きなお父さんの名前を入れてプレゼント.....

 

お父さんの感激した様子が目に浮かびますね^^

 

 

 

この皮革専門店は、すでに合計3万個以上も販売しておいます。

Yahoo! ショッピングでもナンバーワンの人気を誇ります。

そして、ナント名入れをしてもらうサービスは、無料です。

嬉しいですね、無料でしてくれるんです!

 

 

 

コードバンの二つ折りサイフも良いかもしれません。

希少性と耐久性、表面の美しさを兼ねそろえています。

革の王様と呼ばれるのにふさわしいです。なんと言っても今年は馬年ですからね^^

 

 

 

 

選ぶときには、コインケースが出し入れしやすいか、

シークレットカードポケットなど、プラスアルファの機能も充実しているかどうかを、

しっかりチェックしてたいです。こちらにも、無料で名入れできます。 

 

 

 

 

 

 

さらに高級感重視でゴージャスにいくのなら、

知る人ぞ知る日本最上級皮革製品専門店ココマイスターの

人気NO1財布 ブライドルレザーのロングウォレットが良いでしょう。

 

 

 

英国産ブライドルレザーを惜しみなく使っています。

重厚なイメージなのに、薄型で使いやすいという特徴があります。

札入れ部分にもカードポケットがついていて、全部で、16枚収納でいます。

見た目だけではなく、機能性にもこだわっているというところが、

評価できますね。

 

 

お父さんには いくつになってもカッコイイ親父

ダンディな男性でいてほしいものなんですよね^^

 

ブライドルグランドウォレットの気品ある重厚さが

もうたまらないです♪

 

 

もっと詳しく知りたい方は このサイトがわかりやすいです

父の日プレゼント財布の選び方ガイド

 

 

 

父の日 由来

 

日本の父の日の由来は、1955年にまでさかのぼります。

まずこの時期に導入され、徐々に全国に広がっていきました。

全国的な一般行事となったのは、1980年代です。

デパートや専門店が、この日のためのギフトのセールを行い、人々の生活に普及していきました。 

 

本家本物の父の日の由来はというと、アメリカにあります。これは母の日と同じですね。

アメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人が、教会の牧師に頼み、父の誕生月である6月に父の日礼拝をしてもらいました。

これが起源です。

彼女の父だ絵sるウィリアム・ジャクソン・スマートは、妻に先立だれてから6人の兄弟を、男手ひとつで育ててきました。

やがて彼女は、母の日の存在を知ります。

そして母と同様、父に感謝する日も必要だと考えたのです。

そして、1909年6月19日である、第3日曜日を、父に対して感謝する日にすることを提唱しました。 

 

その後、この行事はアメリカ全土に広がります。

1916年、当時のアメリカ大統領ウッドロー・ウィルソンが、演説で紹介し、全国的に認知されるようになりました。 

 

1966年には、当時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソンが、6月の第3日曜日とすることを定めました。

1972年には、アメリカで正式に、国民の祝日として制定されました。

日本では、クリスマス同様、日本人になじみのある行事であるにもかかわらず、祝日となっていません。

でも、母と同様、父に対しても感謝の意を伝える日は必要ですよね!

 

グルメギフトも喜ばれますね

他に人気が高いのは、やっぱりグルメギフトです。

なにを贈ったらいいかわからない・・・というときは、グルメでいきましょう。

当たり外れがないので、選びやすいです。お取り寄せのグルメを選ぶのは良いことです。

贈りものを、家族でワイワイ楽しみながら食べるのも良いですね。

 

 

 

いつもは食べないような、ちょっと高級なものを選ぶのが、喜ばれるコツです。

たとえば、和牛なんて良いですね。特選松坂牛など。

「やまと」は、14年連続でチャンピオン牛を落札しています。

「やまと」では、食べ方や部位、目的別にギフトを選ぶことができます。

「A5等級」の松坂牛と、「飛び級」の松坂牛だけを取り扱う、高級ショップです。 

 

 

 

うなぎも人気がありますね。選ぶなら、うなぎ蒲焼専門店で選びましょう。

「うなぎ屋かわすい」は、1977年創業の老舗うなぎ屋です。

直営の養鰻場で自分で育てたうなぎを焼いて、届けてくれます。

ふんわりやわらかくて、絶品です。

 

 

 

蒲焼だけではなく、きざみ鰻や白焼き、うなぎの骨せんべいなんてものも、取り扱っています。

産地もしっかりしていて、トレーサビリティーにも配慮されています。 

 

 

 

お酒だと、焼酎が人気ですね。

たとえば、観光酒造肥前屋では、大人気の芋焼酎として、

「魔界への誘い」5本セットを提供しています。

日本酒の飲み比べができます。

杉田かおるさんプロデュースの米焼酎もここで買えます。

飛騨乃酒 山車は、飛騨の厳しい寒さのなかでつくられた、キレとコクのあるお酒が自慢です。

ここで買うと、オリジナルラベルをつけてもらえます。